今更のポケモンパール

お正月、GEOにて3ケ購入で2000円になるセールのやつで購入したポケモンパールをやってみました。




このポケモンパール2006年に発売されたソフトなんですが、すごいですねニンテンドウ!!!

去年発売されたポケモンBWとまったくゲームシステムが変わってない!!

DSCF0914.jpg

むしろ初代ポケモン GBから発売されたときから、まったくルールが変わってないことがすごい!!!

フロントミッションなんて初代シュミレーションRPGだったのが、今ではアクションゲーになってたりしますからね!!

自社ゲームのコンセプトを見失わない任天堂は凄い!

DSCF0916.jpg


私はすでにこのポケモンパールは以前にクリアしていたので、古いパールからポケモンを引っ越すことにしました。

どうせ育てるなら将来有望な奴を育てたいじゃないですか

そこでよくポケモンバトルで見かけるポケモンを選抜して、引き抜くことにします。

ポケモンってただ捕まえればいいだけじゃないんですよ

ポケモンには個性と性格というパラメーターを大きくわける性質があり、これを怠ると中途半端なポケモンになり

結果同じレベル同士のポケモンでも大きくステータスが上回るほどの違いが出てくるのです


もうね・・・・・ 捕まえに捕まえてこんな感じになりました。

DSCF0920.jpg

物理防御力と特殊防御力のステータスが極端に高い「ドーミラー」

はがねタイプなので、弱点が少なくそのうえクセがあって強い。

こいつには「トリックルーム」を覚えさせ、足の遅いポケモン達をカバーさせます。

足の遅いポケモンは、スピード以外のステータスが非常に高いので、この「トリックルーム」との相性抜群になります。

「トリックルーム」 足の遅いポケモンの方から攻撃ができる。

DSCF0918.jpg

進化すれば「ギャロップ」になる「ポニータ」 全体的に中の上あたりのポケモンです。

初期ポケモンで水タイプの「ポッチャマ」を選択したので、炎タイプの席にこの「ポニータ」を選抜しました。

DSCF0919.jpg

ワンリキーが一番苦労しました。

「ワンリキー」なんてこのページ以外にも他1ページ分満ぱんになるほど捕まえました・・・

「ワンリキー」は特徴「ノーガード」と「こんじょう」のどちらかを持っているポケモンのため、

まず優先してあたりの「ノーガード」を選び、そして攻撃力バカになってもらうために

個性「ちからじまん」 性格「いじっぱり」の物理攻撃力が伸びやすいポケモンをようやく捕まえました。

ちなみに「ノーガード」はお互いの攻撃が必ず当たるという特徴で、

「こんじょう」は自身が状態異常になっている時、与えるダメージが1.5倍になるという特徴です。

将来的にこのワンリキーに命中率が低い「ばくれつパンチ」を覚えさせ、必ず当たる「ばくれつパンチ」にしたいと思います。


そしてできたのが、このレギュラー達
DSCF0921.jpg

ワンリキー 格闘タイプ 将来は「カイリキー」
ポッチャマ 水タイプ  将来は「エンペルト」
ズバット  飛行タイプ 将来は「クロバット」
ポニータ  炎タイプ  将来は「ギャロップ」
ドーミラー 鋼タイプ  将来は「ドータクン」
フカマル  ドラゴン  将来は「ガブリアス」

になるよう目指していきます。




簡単そうに見えるポケモンだけど、侮るなかれ・・・

DSCF0917.jpg

以外に強いジムリーダー達が、その壁になってくれます。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

非公開コメント