名探偵ポワロ 「カーテン~ポワロ最後の事件~」(終) 【感想】

名探偵ポワロの最終回を見ました。

いや本当、25年間続いていた作品が終わるのはつらい><、

140506-0320-00.jpg

幕引きという意味でしょうか、最後のお話は「カーテン」です。


140506-0329-20.jpg

原作者アガサ・クリスティーが、ポワロの亡くなるところを見たくないという希望で、

アガサ・クリスティーが亡くなるまで、金庫に封印されていた原作がこれです。



~カーテン~あらすじ

ポワロは、親友ヘイスティング大尉をスタイルズ荘に呼び出す

ここはかつて二人が、初めて一緒に殺人事件を解決した、思いである場所だ

現在は、老夫婦に購入され、ゲストハウス(ホテル)となっている

ヘイスティングスは、久々に再会した旧友ポワロのやつれた車椅子姿に驚く

ポワロ 「ここが、ふたたび殺人現場になるが、標的は不明だ」

屋敷に潜む殺人犯を捕えるパートナーとして、動けない自分の代わりに情報収集をして欲しいと頼むポワロ

やがてポワロが予言した通り、ゲストハウスに宿泊していた女性が、ベッドの上で苦しみながら亡くなる

全員が不安になる中、今度は一人の男性が、ベッドの上で、頭を撃ち抜かれ死んでいた

自殺か、他殺なのか、そしてなぜポワロは事件を予告できたのか

ポワロ最後の事件が始まる。



140506-0325-41.jpg

車椅子に乗るポワロさん、もうすごいヨボヨボ


140506-0326-21.jpg

最終回だけにポワロさんの相棒ヘイスティングさん登場

ヘイスティングさん見れただけでも、大満足^^

近年のポワロ作品は、ポワロさんだけでしたからね






ここからネタバレが含まれます

今回の「カーテン ポワロの最後の事件」は、アガサ・クリスティーらしい作品だと思いました。

推理小説のタブーを、また破りました!

「オリエンテル急行殺人事件」では、ポワロ以外、登場人物全員犯人という、

推理小説のタブーを破りましたが、

今回は推理小説のタブーのひとつ「主人公を犯人としてはいけない」を破りました!

今作は、ポワロさんが、殺人者の息の根を止めます!

でもやっぱり最終回だけに、殺された殺人者は、最低最悪な奴でした

ポワロさんが殺さなかったら、更なる犠牲者が出ていたでしょう

最後の殺人者は、人の心の隙間に入り込み、そして殺人を起こさせて、それを見て喜んぶサディストな奴でした。

自分の手を汚してないから殺人罪にもならない、そして強要もしてないので補助罪にも当たらない

本当、手も足も出ない最悪な殺人者でした・・・・><


一番最初に、ベッドの上でなくなた女性は、自殺でも他殺でもなく、事故死です^^

本当面白いですよね~

推理小説で、事故死って・・・・

自分の夫を殺すために、夫のコップに毒薬を入れたのですが、

みんながよそ見している間に、うっかりヘイスティングスさんが、テーブルを回転させてしまいます

夫に飲ませるはずの毒薬入りコーヒーが、テーブルが回転したことで自分に返ってくるとは、

死んだ奥さんは思いもしなかったでしょうね(笑)


そして頭を撃ち抜かれてた男は、ポワロさんが殺した殺人者です。

ポワロさん、本当は歩けるのですが、この計画のために歩けないふりをしていました。

睡眠薬で殺人者を眠らせ、車椅子に乗せベッドの上に運び、

そしてベッドの上で寝ている殺人者の頭を拳銃で撃ち抜きました。

こみかみではなく、額の真ん中を撃つのが私の美学と、最後までポワロさんらしいなぁと思いました^^



140506-0322-16.jpg

デビット・スーシェさん、25年間お疲れ様でした^^


関連記事
スポンサーサイト


コメント

非公開コメント