マスエフェクト2  第10回 PT集め 「モーディン編」 その1

マスエフェクト2  第10回 PT集め 「モーディン編」 その1

敵のコレクターに対抗するために、プロフェッサーを勧誘しに「オメガ」という惑星に向かいました。

DSCF1059.jpg

この「オメガ」という惑星、変わった形をしているでしょ?

実は数千年前は、一つの惑星だったのですが、ほかの惑星と衝突し、真っ二つに割れました!!

表面はとても堅い地表だったために豊富な資源を断念してましたが、二つに割れたことによって

一攫千金を狙って企業や個人がこのオメガに殺到! 

そのために移住スペースが惑星からクラゲのように縦に伸びる形になりました。

ただの資源惑星のため、政治も法もありません。 無法地帯です。

そのため麻薬や密売の売買の中心星に成長してしましたした。


DSCF1060.jpg

この星に結構住んでいる「バタリアン星人」

実はバタリアンと人間との仲は悪いのです。 むかし宇宙域でもめて戦争をしています。

バタリアン星人で有名なのが「ブルーサンズ」という傭兵集団です。

傭兵集団とは名ばかりでその本質は奴隷商人。

前回の刑務所船でも奴隷にされそうになりました・・・・

DSCF1063.jpg

バタリアンのバーテンダーからドリンクをもらうシェバード

そのあと バタンっQ♪

DSCF1068.jpg

どうもドリンクに毒を混入されました。

それほど、バタリアンと人間の仲は悪いです。

にしてもジャック「弱いなら飲むな」の一言がいい

外見は怖く言葉も荒々しいのに、どことなく良心ある言葉が稀に出てきたりして

ジャックはツンデレなのか?!と期待しちゃいます。

このあとバタリアンのバーテンダーを撃ち殺しましたけど・・・


DSCF1062.jpg

もう一つこのオメガで出てきた「ヴァーチャ星人」

寿命がたったの20年の宇宙人です。 他の異星人からはゴキブリ扱いのヴァーチャ星人

ほぼ虫と変わりません。 人間+爬虫類の外見なのに、その内部はほぼ虫!!

ほとんど何でも摂取することが可能、空気がないところでも生息できますが、

宇宙社会では彼らは害虫扱いなので、排除されます。


DSCF1071.jpg

もう一つ好きな星人なので、ここで紹介。

大きい体に太い4本足の「エルコー星人」

彼らの母星であるデクーナは重力が大きいため太い足に進化したみたいです。

母星ではテレパシーでコミュニティーを取りますが、異星人との対話では画像のように

自分の感情を伝えてから、しゃべります。

シェバード「願望。 安くしてください」




スカウトしにモーディンを探しにきたけど、どうも感染病が移住スペースで発生したために封鎖されています。

しかもこの感染病、人間には感染しませんが、異星人は100%で死にます・・・

DSCF1072.jpg

「がんばれっグラント」


モーディンを探しに下層を目指します。  つづく
関連記事
スポンサーサイト


コメント

非公開コメント