FC2ブログ

【オクトパストラベラー】「女性だけの集まり」ハンイット&プリムロゼ&オフィーリア&トレサ【パーティーチャット】

オクトパストラベラー】「女性だけの集まり」ハンイット&プリムロゼ&オフィーリア&トレサ【パーティーチャット】

ハンイット(声:甲斐田裕子 Wikipedia) プリムロゼ(声:桑島法子 Wikipedia)
オフィーリア(声:茅野愛衣 Wikipedia) トレサ(声:青木瑠璃子 Wikipedia)

20180920-222015-814.jpg

トレサ「ねえねえ、なんか不思議よね」
トレサ「こうして大陸中から仲間が集まるのってさ」
ハンイット「ああ、何かの縁を感じるな」
オフィーリア「ふふ、皆さんのお話聞いてみたいです!」
プリムロゼ「そうね、きっと十人十色の語り草があるわね」
トレサ「ねえねえ、地元にどこか美味しいお店あった?」
オフィーリア「わたしの故郷では雪野菜のスープが絶品なんです」
トレサ「へーいいね! あたし、野菜大好き!」
プリムロゼ「いいわね お肌にも良さそうじゃない」
オフィーリア「ふふ、心も体も温まりますよ」
トレサ「ハンイットさんはどう?」
ハンイット「そうだな・・・わたしの故郷にはイノシシ肉を出すお店があるんだ」
ハンイット「狩ったものをすぐ丸焼きにする あれより美味しいものはないぞ」
オフィーリア「ひええ、丸焼きですか・・・・」
プリムロゼ「美味しそうだけど・・・ デートには使いづらいわよね」
ハンイット「・・・・・?」
トレサ「で、デート!?」
トレサ「デートってのは、その・・・」
オフィーリア「男性と女性が・・・ 仲良くお食事したりする・・・ ですよね」
ハンイット「そ、そうなのか? 師匠とならよく食事したぞ」
プリムロゼ「・・・・・・」
プリムロゼ「まさか、あなたたち・・・ デートしたことないの?」
オフィーリア「・・・・・」
プリムロゼ「やれやら、仕方ないわね 私がちょっと教えてあげようかしら」
プリムロゼ「男ってものをね・・・」
トレサ「おおおおおお・・・」
トレサ「待ってました! プリムロゼ姉様!!」
オフィーリア「ぜひ勉強させて頂きたいです!」
ハンイット「ふふ、ちょっと興味あるな」
プリムロゼ「じゃあ、あなたたちの好きな男を聞かせてくれない?」
オフィーリア「・・・・・!」
プリムロゼ「はい、まずハンイットからね どんな男がタイプ?」
ハンイット「わたしか? 考えたこともない  そ、そうだな・・・」
ハンイット「わたしより強い男、だな」
トレサ「えっ? そ、それって・・・」
オフィーリア「ほ、ほとんど いらっしゃないのでは・・・?」
ハンイット「そうか?」
プリムロゼ「あら、そうでもないわ 私思うんだけど・・・」
プリムロゼ「男ってね、皆少しずつ弱いのよ どこかしらね」
トレサ「おおおおおお・・・・!」
トレサ「さすが、プリムロゼ姉様・・・言葉に深みがある!」
プリムロゼ「ふふ、ありがと」
トレサ「で、オフィーリアさんはどんな人が好きなの?」
オフィーリア「わたしは修道院で育ちましたので、あまりそういうことは・・・」
オフィーリア「そうですね、心のお優しい方でしたら、わたしは・・・」
プリムロゼ「ふふ、いじらしいわね」
トレサ「ふむふむ、でももうちょっと絞りたいな」
ハンイット「欲を言えば もっと望みがあるだろう?」
オフィーリア「よ、欲なんて・・・ ありませんっ!」
トレサ「でも、あえて言うなら?」
オフィーリア「あえて・・・ですか?  そういうことなら・・・・」
オフィーリア「思いやりや気遣いがあり、清潔な方でしょうか」
オフィーリア「それと、できれば文武両道で常識のある方がいいです」
オフィーリア「あとは、自分に厳しく他人に寛容だったり・・・」
オフィーリア「あ、わたしより上背があって、包容力もあれば、なお素敵ですね」
ハンイット」・・・・・・」
トレサ「・・・う、うん  絞られまくったね・・・」
ハンイット「いや、そんな男も少ないぞ・・・」
オフィーリア「ああっ・・・ は、恥ずかしいです・・・!」
プリムロゼ「オフィーリア、1ついいこと教えてあげるわ」
プリムロゼ「男に夢を見ちゃダメ」
トレサ「おおおおおおっ!」
プリムロゼ「プリムロゼ姉様の金言 また頂きました!」
プリムロゼ「ふふ 経験に勝るものはなしだな」
オフィーリア「こ、心得ましたっ!」
オフィーリア「ところで、トレサさんはどんな方がお好きなんですか?」
トレサ「へっ!? あたし? あたしのことはいいじゃない・・・」
ハンイット「トレサ」
オフィーリア「トレサさん」
トレサ「うっ・・・わかったわよ  あ、あたしはそうね・・・」
トレサ「商人にクレームをつけないような人が好き、かな・・・」
オフィーリア「・・・・・・」
オフィーリア「ふふ トレサさんらしいですね」
ハンイット「プリムロゼ、一言頼む」
プリムロゼ「トレサいいこと? 商売から頭を離しなさい」
プリムロゼ「男は金では買えないのよ あなたの愛で手に入れるの」
オフィーリア「お・・・おおおおおおおっ!!」
トレサ「べ、勉強になります・・・」
オフィーリア「プリムロゼさんは・・・ 経験が豊富なんですね!」
ハンイット「最後にプリムロゼのも聞かせてくれないか」
プリムロゼ「私の好みの男? ふふ、いいわよ」
プリムロゼ「それはね・・・」
トレサ「ごくり・・・!」
プリムロゼ「・・・・・」
プリムロゼ「あら? お酒が切れたみたい これでお開きね」
ハンイット「・・・・・」
プリムロゼ「ふふ、残念 また話しましょ」
トレサ「そ、そりゃないですよ プリムロゼ姉様ーっ!!」




にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村 ゲーム攻略・裏技
にほんブログ村 今日やったゲーム
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント